<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

11月23日 第4回河北潟一斉水質調査

朝から第4回河北潟一斉水質調査。
9時から開始なのだが、スタッフは早くに集合しなければならず、大あわて!
前日には授業力向上ゼミで発表し、懇親会まで出ていたので朝になってようやく準備した。
パソコン、プリンタ、プロジェクタ、ラミネートの機械と用紙、水質検査のセットなどを車に積み、雨の中、こなん水辺公園へ。
着いて早速、子どもに配る参加記念のカード作りを開始。名刺サイズのカードに河北潟の写真を印刷し、裏には名前の欄を印刷する。そうこうしているうちに打ち合わせ。
自分の担当は鶴ヶ丘小学校の子どもたちと食肉センター裏と森下川河口から水を採取してくることである。参加する子どもたちは各自の小学校に集合しているので、車3台で鶴ヶ丘小学校へ向かう。今年は保護者がついてきてくれてありがたい。
保護者の車2台と鶴ヶ丘の先生の車1台を引き連れて食肉センター裏へ。ここは河北潟で一番の場所である。場所に着くとさっそく「うわぁーくさい」の声。堤防のかさ上げの工事の真っ最中で、言ってみれば工事現場の土のにおいである。水の近くに行くとさらに「なにこれ、きったねー」の声。
これでもきれいになったのだよ君たち。透視度は30cmを超えるのだが、積もりに積もった水中のヘドロで濁って見えるのだ。問題は見た目よりも水質なのだ。
森下川河口へは車が3台も入れないので自分の車に乗り換えてもらう。ここも濁っていた。風があるとかなり濁る場所である。ここでも「きったねー」の声。でもここの水はきれいなのであるぞ、君たち。
水辺公園へ戻って、まず焼きいもを火に入れる。その後、透視度を測り、みんなで水質検査。COD、NO2、NO3を測るのである。
自分はその間、ひたすら記念カードを作っていた。裏に子どもの名前を書いて、ラミネートするのである。参加者は大根布小、鶴ヶ丘小、宇ノ気小、大浦小から来てくれた。あと七塚小と泉野小。総勢50人を超え、大盛況である。名前を書くのはたいへんだった。採取した地点も40カ所ほど。こんなにいっぺんにやったのは初めてである。
さて水質の結果は、やっぱり食肉センター裏と幹線排水路が汚れている結果となった。今年は地図によごれ具合で色分けしたシールを貼っていったが、汚れている場所が一目でわかり非常によかった。参加した子どもたちは見た目のにごり具合と、水質が全然違っていることにおどろいていた。特に食肉センター裏の亜硝酸(NO2)硝酸(NO3)は検査パックの色がピンクを超えてどぎついワイン色になるので衝撃的であった。保護者の方も興味津々でとてもよかった。
焼きいもはうまくいかなかったが、おみやげで持って帰ってもらった。
今年の会も大成功であったと思う。これ以上参加者が増えると対処できなくなるかもしれないが、たくさんの人に参加してもらいたい。特に津幡の方から参加者がないのが残念である。
調査結果はここ→ http://sizensaisei.yupapa.net/
[PR]

by jiida2004 | 2005-11-24 19:56 | 自然再生協議会  

11月5日 秋のカヌーで川掃除 津幡川

朝6時半から津幡川の川尻水門に集合。
岡山さんと瀧本さんはすでに到着、というか前日の夜から土手にテントを張ってアウトドア宴会を楽しんでいたらしい。大きなストーブがどーんと置いてあった。
朝もやの中を太陽が昇っていく。水辺はやっぱり気持ちいい。
さて7時頃から毎年恒例のカヌーで川掃除。今回は3人で始める。後で大西さんが来て4人になった。水門から上流の太白橋へ向かう。ほとんどゴミがない状態。今回は少ないなあと話していたところ、やっぱりおやど橋から白鳥橋の曲がった部分に大量のゴミが・・・。あっという間に3人乗りカナディアンカヌーがいっぱいになった。自分も「でかタライ」をカヌーにくくりつけてゴミを収集していたのだが、やっぱり山になってしまった。
途中、北陸中日新聞と北國新聞が取材に来る。カヌーに積んだゴミの山と共に写真に写る。
結局終わったのは12時近く。5時間もがんばった。
ゴミは自転車など大きなものはなかったが、いつもと同じぐらい(軽トラ2回分)は集まっていた。
この日の北國新聞の夕刊に早くも記事が出ていた。昨年は新潟の大地震とちょうど同じ日だったので記事はとーーっても小さかったが、今回は写真と共にけっこういい感じに載っていた。
その次の日(6日)の朝刊にも同じ記事が載って驚いた。ちょっと得した気分だった。
もっと驚いたのはクラスの保護者がそれを見つけてくれたこと。写真に写っている小さな私をよく見つけてくれたもんだ。これは、かなりうれしかった。
今回も充実感をもって終われたことは、本当に幸せだと思う。
[PR]

by jiida2004 | 2005-11-07 21:52 | ウロウロ  

11月3日 河北潟はにぎやか

プラント3に買い物に行ったついでにコハクチョウを見に行く。
クリーンセンターの向かいの田んぼには150羽のコハクチョウがいた。(一生懸命数えてみた)
みにくいアヒルの子でもおなじみのハクチョウの灰色の幼鳥は20羽ぐらいだった。
そしてコハクチョウの群れの中にマガンが10羽ほど一緒にいた。警戒心が強いので、マガンだけだと近くにはとうてい行けない。しかし、大きなハクチョウの群れの中にいるせいか今日はけっこう見やすい距離にいてくれた。
大崎の水辺公園はマガモが少しいただけ。西部承水路もほとんどいなかった。
酪農団地からひまわり村にかけての電柱と電線にはトンビが50羽以上いた。あれだけいるとちょっと不気味である。しかもみんな同じ方向を向いている。
ひまわり村近くにはミヤマガラスが群れをなしていた。200羽はいたと思う。今季初である。ひまわり村に降りたって、ひまわり村が黒かった。
中央排水路にはコガモ、カルガモがたっくさん。数えるのもたいへん、というか数える気をなくすほど。ということで数えていない。とにかく水辺に2kmぐらいカモの列である。
ハシビロガモもけっこういた。オスの模様がだんだんはっきりしてきたと思う。
排水路沿いにキジも10羽ほど見かけた。なぜか全部オスだった。
途中、スズメ、ムクドリ、キジバト、ハクセキレイがたくさんいた。ノスリも見かける。あとカイツブリ。
才田大橋からはマガモがたくさん見えた。釣りの大会をやっていたので内灘寄りの方はほとんどいなかったが、津幡寄りの方にはたくさんいた。
頭の上を100羽単位でカモが群れをなして飛んでいくのを何回も見た。巨大な「へ」の字である。
天気はそんなに良くなかったが、河北潟はにぎやかだ。
[PR]

by jiida2004 | 2005-11-03 22:26 | ウロウロ